水分を摂取しなければ汗を抑えられるのか説明しています。

水分を取らなければ汗を抑えられる

水分を抑える

 

汗っかきで汗の量が多いという人なら一度は水分補給を少なくして、汗を抑えようとした人がいるのではないでしょうか。

 

確かに水分が少なくなれば汗の量は減ってくると思うので、ある意味では理屈にあっている方法だと思いがちですが、実際は結構危険です。

 

水分補給を怠ってしまうと夏には熱中症になってしまったり、脱水症状を起こしてしまったりする可能性があるので注意が必要です。

 

また体内の余分な水分は尿として排泄されるので、汗とはあまり関係がないというのが現実です。

 

まあ、確かにこんな簡単な方法で汗を効果的に抑えることができれば苦労はしないですよね。

実際に試すと気分が悪くなる

水分補給しない

 

実際に汗を抑えるために水分補給をしない場合はどうなるのでしょうか?

 

やりすぎると熱中症になったりしますが、基本的に汗は自分でコントロールできないので、そこまで効果を実感できませんでした。

 

というかやりすぎなどのさじ加減が難しくて実用的ではない印象ですね。汗はでにくくなりますが、ちょっと粘り気のあるような汗になったような感じがしましたね。

 

またこれを毎日のように実践するというのは無理だということを感じました。

 

こんなことをして汗の量を抑えるなら、私が普段から使っている汗を抑える薬を使ったほうが簡単で効果が高いと感じました。